MENU

問題2|第20回 精神保健福祉士 国家試験 ①精神疾患とその治療

勉強するウサギのイラスト

こんにちは、ブジカエルです。

2023年2月、社会福祉士の試験に合格したと思われるので、精神保健福祉士国家試験に向けての学びを始めました。

この記事では、過去問題をしゃぶり尽くします。

↓過去問題はここ↓
社会福祉振興・試験センター>精神保健福祉士国家試験>過去の試験問題

目次

問題2 次のうち、気分障害よりも統合失調症が強く疑われる症状として、正しいものを1つ選びなさい。

  1. 考想化声
  2. 自殺念慮
  3. 罪業妄想
  4. 観念奔逸
  5. 思考制止

設問について

代表的な精神疾患の症状に関する問題。

中央法規当該科目テキスト(第2版)で、
・統合失調症の症状:p116~
・うつ病の症状:p136~

各選択肢について

選択肢1:考想化声

「考想化声」は幻覚の1つである幻聴のうち、言語性幻聴に当たり、自分の考えていることが、他人の肥えになって聴こえてくる「思考化声」と同意。

統合失調症ではこの他、自分が今行っていることについていちいち批判する、複数の他人が自分のことを噂し合っている(対話形式の幻聴)といった幻聴が見られる。

統合失調症の症状は、
・陽性症状(健常者にはない症状)
・陰性症状(健常者にあるはずのものがない)
に分けられる。
その中身は主に次の通り。

  • 陽性症状:幻覚、妄想、滅裂思考とそれに基づく言動、興奮、奇異な動作
  • 陰性症状:感情鈍麻、会話の貧困さ、意欲低下、無為、自閉など

選択肢2:自殺念慮

×

うつ病相では認知に歪みが生じ極端な自己評価低下があり、希死念慮・自殺企図につながる。

統合失調症でも生じることがあるが、気分障害で現れることの方が多い。

選択肢3:罪業妄想

×

貧困妄想・心気妄想と並んで「うつ病の三大妄想」と呼ばれる。

うつ病の症状として見られる思考の障害>微小妄想の1つで、自分に関する事柄を極端に悲観的に捉え、訂正不能で持続する。

選択肢4:観念奔逸

×

観念奔逸については、中央法規当該科目テキスト(第2版)p144。

双極性障害でしばしば見られる思考の障害。
爽快気分とともに、頭の回転が速くなり、次から次へとアイデアが浮かぶが、脇道にそれて主題からは脱線してしまう。内容は次々に飛んでいってしまうので、一貫せずまとまりがなくなる。目に入ったもの、そこにあったものに話題や関心が引き付けられ、注意が一つのことに長続きしない。

選択肢5:思考制止

×

思考制止はうつ病に見られる思考の障害の1つ。
精神運動抑制が重篤になり、考えが進まない、頭が回転しない状態で、思考が制止する。アイデアも浮かんでこないので、判断や決断ができなくなる。本来簡単にできることが、時間をかけてもやり遂げることができなくなる。

正答

1(考想化声)

第20回 精神保健福祉士 国家試験 全問題はこちら

あわせて読みたい
第20回 精神保健福祉士 国家試験対策 過去問題しゃぶり尽くし 【(1) 精神疾患とその治療】 問題1 中枢神経とその機能に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。 問題2 次のうち、気分障害よりも統合失調症が強く疑われ...

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

このブログを運営しているブジカエル、カエル好きですがカエルにはあまり詳しくありません。精神障害者の地域生活を支援する社会福祉士、国家資格キャリアコンサルタント。旅好き、学び好き、放送大学11年目のマルチポテンシャライト。科学的な幸福の研究に興味津々なポジティブ心理学実践インストラクター。健康管理好き、2013年に健康管理士、食生活アドバイザー3級&2級を取得。
プロフィール詳細はこちら

目次
閉じる