人生・キャリア

アクティヴ・イマジネーションの手順:放送大学「臨床心理学概論 '20」から

雲の浮かぶ青空と広々と広がる麦畑の写真

こんにちは。
10年近く放送大学に在籍し続けているブジカエルです。

大学院で勉強してみたり、学部でコースを変えてみたりでなかなか卒業はしませんが。

今回は、臨床心理学概論の単位認定試験に出てきた「アクティヴ・イマジネーション」についてメモします。

アクティヴ・イマジネーションとは

アクティヴ・イマジネーションとは、ユング,C.G.の創始した分析心理学の技法で、無意識から立ち現れてくるさまざまなイメージを相手に、自我が直接的な接触を試みるもの。

面接中に行うのではなく、一人で行って後日面接者に報告する。

アクティヴ・イマジネーションの手順

  1. 誰にも邪魔されない時間と空間を確保する。
  2. イマジネーションの舞台(スタート地点)を設定する。
  3. 何かが動き出すまで、見つめて待つ。
  4. その動きの意味(メッセージ)を何通りか推測し、一つを選ぶ。
  5. こちらの応答を何通りか考え、一つを選んで実行する。
  6. あちらの反応を待つ。
  7. あとは、4・5・6を繰り返す。
  8. 記録する。
  9. 報告する。
  10. 儀式化を行う。

出典:放送大学の放送授業 臨床心理学概論 第6回「心理療法2―ユング派のアプローチ―」

-人生・キャリア
-

© 2021 ブジカエルブログ Powered by AFFINGER5