MENU

問題56|第21回 精神保健福祉士 国家試験 ④精神保健福祉の理論と相談援助の展開

勉強するウサギのイラスト

こんにちは、ブジカエルです。

2023年2月、社会福祉士の試験に合格したと思われるので、精神保健福祉士国家試験に向けての学びを始めました。

この記事では、過去問題をしゃぶり尽くします。

↓過去問題はここ↓
社会福祉振興・試験センター>精神保健福祉士国家試験>過去の試験問題

事例問題3

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
〔事例〕
人口8万人の地方都市Q市は、人口減に歯止めがかからず、空き家問題も顕在化し、空き家対策の担当係を設置している。J精神保健福祉士は、隣の市の精神科病院で20年間勤務していたが、数年前にQ市唯一のW精神科病院に転職した。同病院には、実家がきょうだいに代替わりし、帰る家がないなど社会的諸条件が整わないため退院できない患者が多数入院していた。J精神保健福祉士は、それらの患者の地域移行に向けて、地域の関係機関との連携づくりを始めた。(問題55)
同時期に、Q市が設置する地域支援協議会では、精神障害者家族会代表者から、「親の施設入所や死亡により、一人暮らしになる精神障害者が増えつつある。その中には、症状が再燃し、入院となる人も出てきている。親亡き後のことを考えてほしい」という意見が出された。そこでQ市では、地域支援協議会に、W精神科病院、地域活動支援センターⅠ型、就労継続支援B型事業所、保健所、家族会及び当事者会を構成メンバーとする専門部会を立ち上げることとなり、J精神保健福祉士が部会長に就任した。初回の部会では、J精神保健福祉士がファシリテーターとなり、「Q市における精神障害者のニーズと対策」というテーマで、相互に批判をしないというルールの下で多様な意見を出し合った。(問題56)
その後に意見を整理した結果、Q市の現状としては、受入れ条件が整えば退院可能な者の対策が進んでいないことが共有された。そのような患者が地域生活を始めるためにも、また、親との離別により単身となった精神障害者が地域での暮らしを継続していくためにも、居住支援の必要性を確認した。そこで、J精神保健福祉士は、専門部会として、空き家を活用した居住支援を行っている自治体の視察を企画した。そして、Q市の精神保健福祉担当の職員だけでなく、空き家対策を担当する職員にも同行してもらうように働き掛けた。(問題57)

目次

問題56 次のうち、この場面で、J精神保健福祉士が用いた方法として、適切なものを1つ選びなさい。

  1. ブレインストーミング
  2. デルファイ法
  3. 半構造化インタビュー
  4. KJ法
  5. パネルディスカッション

設問について

社会調査に関する理解が問われる問題。

正答以外の選択肢についても知っておきたい。

各選択肢について

選択肢1:ブレインストーミング

ブレインストーミングは、メンバー間の相互作用を通して発想の誘発を期待する技法。
米国のオズボーンが開発した集団発想法。

選択肢2:デルファイ法

×

デルファイ法は、技術予測のための研究手法で、予測すべき問題に対して専門家集団が匿名のアンケートに回答し、その集計結果を専門家集団へフィードバックして調査を繰り返すことで意見を集約し、予測を行うもの。

米国のランド研究所が開発。

選択肢3:半構造化インタビュー

×

半構造化インタビューは、個別面接法の1種。
面接に際して一定の質問事項を用意しながらも、質問の順序の変更や、質問を追加したりするなどする。

選択肢4:KJ法

×

KJ法は、質的データをカードに記述し、カードを分類し、カードのグループ化と見出し作成を反復してデータを整理・解析する。

文化人類学者の川喜多二郎が開発。

選択肢5:パネルディスカッション

×

パネルディスカッションは、討論会の一形式。
特定のテーマについて複数名の専門家等が聴衆の前で討議を行い、その後司会者のコーディネートのもと聴衆も討議に参加して意見交換を行う。

正答

1(ブレインストーミング)

第21回 精神保健福祉士 国家試験 全問題はこちら

あわせて読みたい
第21回 精神保健福祉士 国家試験対策 過去問題しゃぶり尽くし 【(1) 精神疾患とその治療】 問題1 神経系の構造に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。 問題2 次のうち、パニック障害でみられる症状として、正しいも...

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

このブログを運営しているブジカエル、カエル好きですがカエルにはあまり詳しくありません。精神障害者の地域生活を支援する社会福祉士、国家資格キャリアコンサルタント。旅好き、学び好き、放送大学11年目のマルチポテンシャライト。科学的な幸福の研究に興味津々なポジティブ心理学実践インストラクター。健康管理好き、2013年に健康管理士、食生活アドバイザー3級&2級を取得。
プロフィール詳細はこちら

目次
閉じる