MENU

第21回 精神保健福祉士 国家試験対策 過去問題しゃぶり尽くし

勉強するウサギのイラスト

こんにちは、ブジカエルです。

2023年2月、社会福祉士の試験に合格したと思われるので、精神保健福祉士国家試験に向けての学びを始めました。

この記事では、過去問題をしゃぶり尽くします。

↓過去問題はここ↓
社会福祉振興・試験センター>精神保健福祉士国家試験>過去の試験問題

目次

(1) 精神疾患とその治療

問題1 神経系の構造に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

問題2 次のうち、パニック障害でみられる症状として、正しいものを1つ選びなさい。

問題3 次のうち、重篤で進行性の身体疾患に罹患している可能性への頑固なとらわれが主な症状である疾患として、正しいものを1つ選びなさい。

問題4 患者の訴えと症状に関する次の組合せのうち、正しいものを1つ選びなさい。

問題5 次の記述のうち、うつ病患者の訴えとして、適切なものを1つ選びなさい。

問題6 次のうち、てんかんの診断に最も有用な検査として、正しいものを1つ選びなさい。

問題7 次のうち、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の副作用でみられることが多いものを2つ選びなさい。

問題8 修正型電気けいれん療法に関する次の記述のうち、適切なものを2つ選びなさい。

問題9 次のうち、統合失調症の非薬物的治療法として、最も用いられているものを1つ選びなさい。

問題10 厚生労働省による「平成26年患者調査」及び「平成26年病院報告」の結果にみられる特徴として、正しいものを1つ選びなさい。

(2) 精神保健の課題と支援

問題11 ストレスに関連する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

問題12 グリーフケアに関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。

問題13 「平成28年度公立学校教職員の人事行政状況調査」(文部科学省)における、精神疾患による病気休職者の人数に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

問題14 労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

問題15 次のうち、「性同一性障害特例法」における性別の取扱いの変更の審判をすることができる請求者の条件に含まれるものとして、正しいものを1つ選びなさい。

問題16 次のうち、2016年(平成28年)の自殺対策基本法改正によって新たに加えられた内容として、正しいものを2つ選びなさい。

問題17 ひきこもり地域支援センターに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

問題18 次のうち、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律に定められているものとして、正しいものを2つ選びなさい。

問題19 次の記述のうち、施設コンフリクトの説明として、正しいものを1つ選びなさい。

問題20 次のうち、精神障害者保健福祉手帳の申請に対する判定業務を行う機関として、正しいものを1つ選びなさい。

(3) 精神保健福祉相談援助の基盤

問題21 精神科ソーシャルワーカーの歴史に関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。

問題22 A精神保健福祉士が開催した研修会のねらいとして適切なものを、次の国際ソーシャルワーカー連盟(IFSW)の倫理綱領に規定されている倫理基準から2つ選びなさい。

問題23 次の記述のうち、ヴォルフェンスベルガー(Wolfensberger, W.)が新たに提唱したノーマライゼーションの理念として、適切なものを1つ選びなさい。

問題24 次の記述のうち、ソーシャルワークにおける生活モデルの説明として、最も適切なものを1つ選びなさい。

問題25 次のうち、精神保健福祉士が関係者や社会に対して実施する、実践やその結果に関する情報開示や説明の根拠となる考えを示すものとして、適切なものを1つ選びなさい。

問題26 医療機関に勤務する専門職に関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。

問題27 次のうち、「障害者総合支援法」における個別支援計画を作成する者として、正しいものを1つ選びなさい。

問28 次の記述のうち、精神保健福祉士が行うアドボカシーにおける介入機能の説明として、適切なものを1つ選びなさい。

問題29 次の記述のうち、トランスディシプリナリ・モデルによる多職種チームに関する特徴として、適切なものを1つ選びなさい。

問題30 次のうち、このときBさんがCさんたちから受けていたソーシャルサポートとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

問題31 次のうち、D精神保健福祉士がBさんとの面接に当たり、念頭に置く内容として、最も適切なものを1つ選びなさい。

問題32 次の記述のうち、この場面におけるD精神保健福祉士の発言として、最も適切なものを1つ選びなさい。

問題33 次のうち、F精神保健福祉士がとったアプローチとして、適切なものを1つ選びなさい。

問題34 次の記述のうち、この会議におけるF精神保健福祉士の最初の提案として、適切なものを1つ選びなさい。

問題35 次のうち、F精神保健福祉士が行った支援として、正しいものを1つ選びなさい。

(4) 精神保健福祉の理論と相談援助の展開

問題36 次のうち、障害者福祉に関する法律の内容として、正しいものを1つ選びなさい。

問題37 次の記述のうち、精神科病院の退院後生活環境相談員(精神保健福祉士)の業務として、適切なものを2つ選びなさい。

問題38 次のうち、「平成26年患者調査」(厚生労働省)において、平成11年の同調査と比較して、その推計患者数が減少しているものとして、正しいものを1つ選びなさい。

問題39 次の記述のうち、ソーシャルワークにおける権利擁護の中の代弁機能に当たるものとして、正しいものを1つ選びなさい。

問題40 次の記述のうち、精神科リハビリテーションにおけるチームアプローチで各構成員に求められるものとして、正しいものを1つ選びなさい。

問題41 次の記述のうち、1994年にWHO、ILO、UNESCOにより示された合同政策方針における「地域に根差したリハビリテーション(CBR)」の考え方として、正しいものを1つ選びなさい。

問題42 次のうち、相談援助のインテーク段階において、相談機関が対応可能かどうかを判断する方法として、適切なものを1つ選びなさい。

問題43 次の記述のうち、相談援助のプランニング段階の説明として、正しいものを1つ選びなさい。

問題44 次のうち、G精神保健福祉士が行った面接の技法として、適切なものを1つ選びなさい。

問題45 次の記述のうち、グループワークの作業期における精神保健福祉士の関わりとして、正しいものを1つ選びなさい。

問題46 次のうち、J精神保健福祉相談員が考えた、活用できる制度として、適切なものを1つ選びなさい。

問題47 次のうち、この場面でM精神保健福祉士に求められるスーパービジョンの内容として、適切なものを1つ選びなさい。

問題48 次のうち、この場面でA精神保健福祉相談員が紹介したBさん自身が利用できる社会資源の情報として、適切なものを1つ選びなさい。

問題49 (事例問題1)次の記述のうち、D精神保健福祉士の提案として、適切なものを1つ選びなさい。

問題50 (事例問題1)次のうち、この時点のCさんにとって必要なデイケアの役割及び機能として、最も適切なものを1つ選びなさい。

問題51 (事例問題1)次の記述のうち、この時にE精神保健福祉士がCさんに話した内容として、適切なものを1つ選びなさい。

問題52 (事例問題2)次の記述のうち、F精神保健福祉士のGさんへの助言内容として、適切なものを1つ選びなさい。

問題53 (事例問題2)次の記述のうち、F精神保健福祉士がV小学校に提案した内容として、適切なものを2つ選びなさい。

問題54 (事例問題2)次のうち、V小学校の児童への取組を示すものとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

問題55 (事例問題3)次のうち、この時点で、J精神保健福祉士が連携した地域の機関として、適切なものを1つ選びなさい。

問題56 (事例問題3)次のうち、この場面で、J精神保健福祉士が用いた方法として、適切なものを1つ選びなさい。

問題57 (事例問題3)次のうち、この場面で、J精神保健福祉士が行った働き掛けとして、正しいものを1つ選びなさい。

問題58 (事例問題4)次のうち、この時点でK精神保健福祉士が考えたX地域活動支援センター(Ⅰ型)の役割として、適切なものを1つ選びなさい。

問題59 (事例問題4)次の記述のうち、この場面でK精神保健福祉士が発言した内容として、適切なものを2つ選びなさい。

問題60 (事例問題4)次の記述のうち、プログラム2の内容として、最も適切なものを1つ選びなさい。

(5) 精神保健福祉に関する制度とサービス

問題61 精神障害者保健福祉手帳に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

問題62 次のうち、医療保護入院に関する記述として、正しいものを1つ選びなさい。

問題63 次のうち、障害者基本法に規定されている事項として、正しいものを1つ選びなさい。

問題64 国民健康保険の高額療養費制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

問題65 次のうち、生活保護の医療扶助に含まれるものとして、正しいものを1つ選びなさい。

問題66 次のうち、市町村の業務として、正しいものを1つ選びなさい。

問題67 地域生活定着支援センターに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

問題68 次のうち、「医療観察法」に規定された重大な他害行為として、正しいものを2つ選びなさい。

問題69 次のうち、この調査で使われた社会調査の手法として、適切なものを1つ選びなさい。

問題70 (事例問題)次のうち、Z機関の名称として、正しいものを1つ選びなさい。

問題71 (事例問題)次のうち、Lさんが受け取った費用の名称として、正しいものを1つ選びなさい。

問題72 (事例問題)次のうち、A相談支援専門員(精神保健福祉士)が作成した計画として、正しいものを1つ選びなさい。

(6) 精神障害者の生活支援システム

問題73 次のうち、自立支援医療の根拠となる法律として、正しいものを1つ選びなさい。

問題74 次のうち、「障害者総合支援法」に基づく精神障害者に関連したサービスについての記述として、正しいものを1つ選びなさい。

問題75 次のうち、地域障害者職業センターの業務として、正しいものを2つ選びなさい。

問題76 精神障害者の地域生活支援に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

問題77 次のうち、「若者の会」の活動に該当するものとして、適切なものを1つ選びなさい。

問題78 (事例問題)次のうち、Cさんの高次脳機能障害は、ICD-10における分類としてどれに該当するか、正しいものを1つ選びなさい。

問題79 (事例問題)次のうち、D支援コーディネーターの業務が位置づけられる事業として、最も適切なものを1つ選びなさい。

問題80 次のうち、W事業所が行った事業として、正しいものを1つ選びなさい。

こんにちは、ブジカエルです。

2023年2月、社会福祉士の試験に合格したと思われるので、精神保健福祉士国家試験に向けての学びを始めました。

この記事では、過去問題をしゃぶり尽くします。

↓過去問題はここ↓
社会福祉振興・試験センター>精神保健福祉士国家試験>過去の試験問題

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

このブログを運営しているブジカエル、カエル好きですがカエルにはあまり詳しくありません。精神障害者の地域生活を支援する社会福祉士、国家資格キャリアコンサルタント。旅好き、学び好き、放送大学11年目のマルチポテンシャライト。科学的な幸福の研究に興味津々なポジティブ心理学実践インストラクター。健康管理好き、2013年に健康管理士、食生活アドバイザー3級&2級を取得。
プロフィール詳細はこちら

目次
閉じる