MENU

問題35|第22回 精神保健福祉士 国家試験 ③精神保健福祉相談援助の基盤

勉強するウサギのイラスト

こんにちは、ブジカエルです。

2023年2月、社会福祉士の試験に合格したと思われるので、精神保健福祉士国家試験に向けての学びを始めました。

この記事では、過去問題をしゃぶり尽くします。

↓過去問題はここ↓
社会福祉振興・試験センター>精神保健福祉士国家試験>過去の試験問題

事例問題 2

次の事例を読んで,問題 33 から問題 35 までについて答えなさい。
〔事 例〕
Gさん(26 歳,男性)は,大学生の時には相手の話した冗談を言葉どおりに受け取ってしまいトラブルに巻き込まれることもあったが,趣味の合う仲間もいて楽しく過ごすことができていた。しかし,就職してからは,元々あった音に対する敏感さに加え仕事の内容ごとに手順が異なり,戸惑うことが多くあった。異なる指示を受け混乱していたGさんはささいなミスを続けてしまい,上司からきつい注意を受けたことがきっかけで,休みがちとなった。Gさんには相談相手もおらず, 1 年もしないうちに自主退職してしまった。その後の求職活動では,書類選考や筆記試験では問題はないものの,面接になるとうまく話すことができず不採用が続いた。そのうちに,「もう何をやってもだめなんだ」と仕事探しをやめ,自宅で家族との接触も避け,自室に籠るようになっていった。
このような本人の様子を心配した両親は,近所のXメンタルクリニックで相談していたが,ある日,両親と一緒にGさんが初めて受診した。そこで,担当となったH精神保健福祉士が,「今日はよく来てくれましたね」と本人を迎え,初回面接を行った。(問題 33)
H精神保健福祉士は,数回の面接で,「周りがうるさいと仕事に集中できない」「パソコンでの作業は長時間集中できる」「急な予定変更には対応が難しい」「就職はすぐにしたいが,今はまだ自信がない」と話すGさんの状況から,地域若者サポートステーションの利用を勧めた。(問題 34)
その後,地域若者サポートステーションの利用を始めたGさんは, 3 か月たったある日の面接で,職場体験プログラムで会社訪問に行った時の様子を語りだした。「指示が具体的で手順が明確だ」「イヤホンを着けたままできるパソコン作業は,手際が良いとスタッフから褒められた」と満足気に話し,「自分にも仕事がやっていけそうだ」と嬉しそうに続けた。(問題35)

目次

問題 35 次のうち,この時点でのGさんの状態に関する用語として,適切なものを1 つ選びなさい。

  1. セルフコントロール
  2. セルフエフィカシー
  3. セルフスーパービジョン
  4. セルフケア
  5. セルフアドボカシー

設問について

この時点とは、Gさんが地域若者サポートステーションを利用し始めて3 か月後の面接。
Gさんは職場体験プログラムで会社訪問に行った時の様子を語っています。
「指示が具体的で手順が明確だ」「イヤホンを着けたままできるパソコン作業は,手際が良いとスタッフから褒められた」と満足気に話し,「自分にも仕事がやっていけそうだ」と話し、嬉しそうだったとのこと。

この様子に適切な語句を選びます。

各選択肢について

選択肢1:セルフコントロール

〘名〙 (self-control)
① 自分で自分の感情や行動を調整、抑制すること。自制。克己。〔外来語辞典(1914)〕
② 自動制御。

セルフコントロールとは? 意味や使い方 – コトバンク

選択肢2:セルフエフィカシー

セルフ・エフィカシーとは、ある行動をうまく行うことができるという「自信」のことをいいます。人がある行動へのセルフ・エフィカシーを強く感じていると、その行動を行う可能性が高まると考えられ、セルフ・エフィカシーを高める主なポイントとしては、「成功経験」と「代理経験」が挙げられます。

セルフ・エフィカシーを高めるポイント | e-ヘルスネット(厚生労働省)

選択肢3:セルフスーパービジョン

セルフ・スーパービジョンは、スーパーバイザー抜きでスーパービジョンを行い、ソーシャルワーカーが自らの業務を振り返るもの。ソーシャルワークの機能や役割、倫理綱領や業務指針などに照らして自分の業務や直面する援助事例を検討し、今後の方向性を見出します。

調べていたら、面白い論文があったのでメモ。
御前由美子「独立型社会福祉士のセルフ・スーパービジョンに関する一考察」(関西福祉科学大学紀要第 21 号(2017))

選択肢4:セルフケア

セルフケアとは、一般的にいう自己管理のことである。

その範囲はかなり広く、ストレスコーピングなどのストレスに対するケアもセルフケアに含まれるし、ウォーキングや体力作り、健康診断や健康相談までもがセルフケアに含まれる。

しかし、基本的にはこうしなければならないというものは無いので、自分の特性にあわせてできる事を行なっていくことがセルフケアの基本とも言える。

ストレスをためやすい人であればストレスに関する知識をつけたり、ストレスコーピングについて学んだりすることがセルフケアにつながるし、体が弱く体調を崩しがちな人であれば体力作りや、睡眠・食事をしっかり取っていくことがセルフケアにつながっていくことだろう。

セルフケアとは|(一社) 安全衛生マネジメント協会

選択肢5:セルフアドボカシー

セルフアドボカシーとは何か?

多くの人が個人的ニーズを満たすために日常的にセルフアドボカシーを行っている。セルフアドボカシーとは、自らの声をもつことである。自らの権利と責任を知り、その権利をはっきりと主張し、自分自身の人生について選択と決定ができることを意味する。

なぜ重要なのか?

セルフアドボカシーは、エンパワメントの重要な要素である。障害のある人々の多くがその人生の大半を、他者から耳を傾けられることなく、自分のすべきことも他者に言われて過ごす。決定は通常、他者によってなされるのである。セルフアドボカシーの技術を学習することによって、障害のある人々は自らの権利を主張し、自らの生活を管理し、最善の意思決定をすることを学ぶことができる。セルフアドボカシーとは、何を食べ、何を着るか選ぶといった簡単なものから、利用したサービスについてコメントするなど、彼らにとって重要な諸問題について公に話すといった複雑なものまで、さまざまなことを意味する。

CBRガイドライン・エンパワメントコンポーネント―アドボカシーとコミュニケーション|日本障害者リハビリテーション協会 情報センター

正答

2(セルフエフィカシー)

第22回 精神保健福祉士 国家試験 全問題はこちら

あわせて読みたい
第22回 精神保健福祉士 国家試験対策 過去問題しゃぶり尽くし 【(1) 精神疾患とその治療】 問題1 次のうち,交感神経の活動の高まりを示すものとして,正しいものを 1 つ選びなさい。 問題2 次のうち,ICD-10 において,解離...

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

このブログを運営しているブジカエル、カエル好きですがカエルにはあまり詳しくありません。精神障害者の地域生活を支援する社会福祉士、国家資格キャリアコンサルタント。旅好き、学び好き、放送大学11年目のマルチポテンシャライト。科学的な幸福の研究に興味津々なポジティブ心理学実践インストラクター。健康管理好き、2013年に健康管理士、食生活アドバイザー3級&2級を取得。
プロフィール詳細はこちら

目次
閉じる