MENU

問題72|第24回 精神保健福祉士 国家試験 ⑤精神保健福祉に関する制度とサービス

勉強するウサギのイラスト

こんにちは、ブジカエルです。

2023年2月、社会福祉士の試験に合格したと思われるので、精神保健福祉士国家試験に向けての学びを始めました。

この記事では、過去問題をしゃぶり尽くします。

↓過去問題はここ↓
社会福祉振興・試験センター>精神保健福祉士国家試験>過去の試験問題

事例問題

次の事例を読んで、答えなさい。
〔事例〕
Lさん(39歳、女性)は、統合失調症の患者である。身寄りのないLさんは、働きながら一人暮らしをしていたが、仕事上のストレスから32歳で発症し、精神科病院へ入院となった。
6か月の入院治療の結果、陽性症状は落ち着き、一人暮らしを再開することになった。
ある日、通院する精神科病院のM精神保健福祉士は、「頑張ってはいるけれど、毎日の家事がとても大変です」とLさんから相談を受けた。話を聞くと、陰性症状としての意欲の低下が著しく、身の回りのケアに困難がある様子がうかがえた。生活状況の確認のためLさんの部屋を訪れると、室内はひどく散らかっており、食事内容も偏っているようであった。M精神保健福祉士は、W指定特定相談支援事業者を紹介し、Lさんは「障害者総合支援法」におけるホームヘルパーによる調理や洗濯・掃除など家事の援助・相談が受けられる制度を利用し始めた。(問題70)
しばらく安定した生活をしていたLさんであったが、38歳の時、通院している病院の定期的な血液検査の結果、糖尿病が進行していることが明らかになった。これ以上の悪化を予防するため健康管理の必要性を感じたM精神保健福祉士は、Lさんと相談の上、主治医の指示を受けた訪問看護ステーションの看護師が自宅に訪問するサービスの利用を支援した。(問題71)
ホームヘルパーと看護師による訪問を受けるようになったLさんであったが、次第に戸惑いの表情を見せるようになった。心配したM精神保健福祉士が話を聞くと、「私はできれば働きたい。でも訪問してくれる人や主治医は、口々に違うことを言う。私はどうしたらいいのか分からなくなってきた」とLさんは訴えた。本人の意向に基づく支援内容の検討の必要性を感じたM精神保健福祉士は、その状況をW指定特定相談支援事業者に報告した。そこでW指定特定相談支援事業者は、支援方針を調整するため本人を含めた関係者が参加するケア会議を開催した。(問題72)

目次

問題72 次のうち、この時の活動に対してW指定特定相談支援事業者に支給されるものとして、適切なものを1つ選びなさい。

  1. 生活扶助費
  2. 計画相談支援給付費
  3. 介護給付費
  4. 訓練等給付費
  5. 市町村特別給付

設問について

福祉サービスの給付についての理解が問われる問題。

各選択肢について

選択肢1:生活扶助費

×

生活扶助費は、生活保護制度における食費・被服費・光熱水費等の日常生活に必要な経費
に対応する扶助費。

選択肢2:計画相談支援給付費

計画相談支援給付費は以下のサービスに対して支払われる。

  • サービス利用支援
    障害福祉サービスの利用申請の際のサービス等利用計画案の作成
    サービス支給決定後の連絡・調整等、またはサービス等利用計画の作成
  • 継続サービス利用支援
    障害福祉サービスの利用申請の際のサービス等利用計画案の作成
    サービス支給決定後の連絡・調整等、またはサービス等利用計画の作成
    新たなサービスが必要な場合の各種支援

選択肢3:介護給付費

×

指定特定相談支援事業者は介護を行わず、介護給付費の請求をすることもなく、介護給付費は支給されない。

選択肢4:訓練等給付費

×

指定特定相談支援事業者は訓練等を行わず、訓練等給付の請求をすることもなく、訓練等給付費は支給されない。

選択肢5:市町村特別給付

×

市町村特別給付とは、介護保険制度において、要介護者や要支援者に対し市町村が独自に行う保険給付。

正答

2(計画相談支援給付費)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

このブログを運営しているブジカエル、カエル好きですがカエルにはあまり詳しくありません。精神障害者の地域生活を支援する社会福祉士、国家資格キャリアコンサルタント。旅好き、学び好き、放送大学11年目のマルチポテンシャライト。科学的な幸福の研究に興味津々なポジティブ心理学実践インストラクター。健康管理好き、2013年に健康管理士、食生活アドバイザー3級&2級を取得。
プロフィール詳細はこちら

目次
閉じる