MENU

問題32|第24回 精神保健福祉士 国家試験 ③精神保健福祉相談援助の基盤

勉強するウサギのイラスト

こんにちは、ブジカエルです。

2023年2月、社会福祉士の試験に合格したと思われるので、精神保健福祉士国家試験に向けての学びを始めました。

この記事では、過去問題をしゃぶり尽くします。

↓過去問題はここ↓
社会福祉振興・試験センター>精神保健福祉士国家試験>過去の試験問題

事例問題1

次の事例を読んで、答えなさい。
〔事例〕
大規模自然災害が発生したN市保健所のH精神保健福祉士は、チームの一員として被災直後の被災地域の全戸訪問を行った。Jさん(22歳、男性)の自宅を訪問したところ、父親から、「Jは、高校卒業後に勤めた会社を半年で心身の不調を訴え退職し、ここ数年は、近所へ買物に外出する以外は自室にて過ごすようになっていた。被災後からは近所の手伝いも率先して行い、表情も明るくなり、近所の人からも本当に助かっていると言われていた。また具合が悪くならなければよいが」とJさんを心配する話を聞いた。そこで、チーム内でJさんについての情報を共有し検討した結果、継続したフォローアップが必要であると判断され、H精神保健福祉士がJさんを担当することになった。(問題30)
全戸訪問から8か月後、Jさんの父親が来所して面接することになった。面接で父親は、「Jは、手伝いをきっかけに紹介された仕事に就くことになり、家族みんなでとても喜んだ」と話した。しかし、その後沈黙が続いたため、H精神保健福祉士が尋ねると、疲れ切った様子で、「実は3か月前からJの具合が急に悪くなって」と話し始めた。「Jは、元気に働き始めましたが、そのうち帰宅しても話もせず、すぐに自室に籠もってしまい顔を合わせないことが多くなりました。また、時折、自室から嗚咽が聞こえてきたため心配して声をかけましたが、大丈夫だと返答するので、そっとしておきました。そして1か月前から、出勤時間になっても自室から出てこない日が続き、現在は欠勤が続いています。あなたから何回か訪問の提案をいただいていましたが、いつもJは私たちに断れと言っていたんです」と語った。(問題31)
父親の話を聞いたH精神保健福祉士は、Jさんの家族との面接を継続するだけでなく、Jさんに対して介入を行う必要性を感じた。(問題32)

目次

問題32 次の記述のうち、この時点でH精神保健福祉士が行う援助として、最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. Jさんの両親に、Jさんに宛てた手紙を渡してもらうようお願いする。
  2. 市内にある精神科クリニックの医師に、往診を依頼する。
  3. 精神保健福祉センターに、訪問を依頼する。
  4. Jさんの様子を確認してもらうため、勤務先の上司に訪問を依頼する。
  5. Jさんの両親に、一時的にJさんと離れて生活することを提案する。

設問について

介入の方法についての理解が問われる問題。

各選択肢について

選択肢1:Jさんの両親に、Jさんに宛てた手紙を渡してもらうようお願いする。

支援を続ける中での一つのステップ(目標)として、本人と直接会うこと、本人が相談に機関に来訪することがある。そこに至るための手段として適切。

選択肢2:市内にある精神科クリニックの医師に、往診を依頼する。

×

Jさんは、自室にこもり欠勤を続けているが、本人や家族が受診を希望しているわけではなく、すぐに受診しなければならない症状が出ている様子でもない。

選択肢3:精神保健福祉センターに、訪問を依頼する。

×

精神保健福祉センターの業務に、当該事例のような個別の事例におけるこの段階での訪問は、通常含まれないと思われる(自治体による)。

精神保健福祉センターとは、精神保健及び精神障害者福祉に関する総合的技術センターとして、地域精神保健福祉活動の拠点となる機関であり、精神保健及び精神障害者の福祉に関する知識の普及、調査研究ならびに複雑困難な相談指導事業を行うとともに、保健所、市町村その他精神保健福祉関係機関に対し、技術指導、技術援助を行う施設です。

神奈川県精神保健福祉センターについて

選択肢4:Jさんの様子を確認してもらうため、勤務先の上司に訪問を依頼する。

×

上司に訪問を依頼するべきと判断する根拠は見当たらない。

選択肢5:Jさんの両親に、一時的にJさんと離れて生活することを提案する。

×

Jさんと両親が一時的に離れて生活するべきと判断する根拠は見当たらない。

正答

1(Jさんの両親に、Jさんに宛てた手紙を渡してもらうようお願いする。)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

このブログを運営しているブジカエル、カエル好きですがカエルにはあまり詳しくありません。精神障害者の地域生活を支援する社会福祉士、国家資格キャリアコンサルタント。旅好き、学び好き、放送大学11年目のマルチポテンシャライト。科学的な幸福の研究に興味津々なポジティブ心理学実践インストラクター。健康管理好き、2013年に健康管理士、食生活アドバイザー3級&2級を取得。
プロフィール詳細はこちら

目次
閉じる