MENU

問題75|第24回 精神保健福祉士 国家試験 ⑥精神障害者の生活支援システム

勉強するウサギのイラスト

こんにちは、ブジカエルです。

2023年2月、社会福祉士の試験に合格したと思われるので、精神保健福祉士国家試験に向けての学びを始めました。

この記事では、過去問題をしゃぶり尽くします。

↓過去問題はここ↓
社会福祉振興・試験センター>精神保健福祉士国家試験>過去の試験問題

目次

問題75 次の記述のうち、諸外国における精神保健福祉に関する説明として、正しいものを1つ選びなさい。

  1. アメリカでは、精神科病院の新設を禁止する法律第180号が制定された。
  2. イタリアでは、「ついに闇からの脱出」が政府から発表された。
  3. ニュージーランドでの当事者活動がクラブハウスモデルの起源である。
  4. オーストラリアが起源となって、アンチスティグマプログラムとして「Open the Door」が発案された。
  5. 韓国では、精神保健福祉に関わる専門職として、精神健康専門要員が位置づけられている。

設問について

諸外国における精神保健福祉についての理解が問われる問題。
中央法規当該科目テキスト第3版p262~。

厚生労働省>「諸外国の精神保健医療福祉の動向」(PDF)は少々古いけれども役に立ちそう。

各選択肢について

選択肢1:アメリカでは、精神科病院の新設を禁止する法律第180号が制定された。

×

精神科病院の新設を禁止する法律第180号といえば、イタリアのバザーリア法。

イタリアの精神保健福祉については、中央法規「理論と展開I」テキスト(第2版)、p38~。

選択肢2:イタリアでは、「ついに闇からの脱出」が政府から発表された。

×

「闇からの脱出」といえばカナダ。

カナダ政府は『闇からの脱出:カナダ精神保健サービスの変革』を2006年に刊行し、「精神病をもつ人々を中心に位置付け彼らがリカバリーを経験することができる純粋なシステム」を目指すことを明言した。

カナダの精神保健福祉については、中央法規「理論と展開I」テキスト(第2版)、p30~。

選択肢3:ニュージーランドでの当事者活動がクラブハウスモデルの起源である。

×

クラブハウスモデルの起源は、1940年代ニューヨーク。

クラブハウスモデルは精神障害者の力に着目することを具体化した活動。
クラブハウスモデルについては、中央法規当該科目テキスト第3版p275~。

クラブハウスでは、職員と利用者が対等な関係で、職員の役割は何らかの指示を出すことではなく、利用者が様々なサービスの主体的に取り組むことができるようにマネジメントサービスと行うこと。クラブハウスとして事業を行うためには、クラブハウスインターナショナルの認証を受け、クラブハウス国際基準に基づいて運営することになる。

選択肢4:オーストラリアが起源となって、アンチスティグマプログラムとして「Open the Door」が発案された。

×

「統合失調症のスティグマと差別と闘う世界的プログラム(Open the Door)」は、1996年以降世界精神医学会(WPA) による。

中央法規当該科目テキスト第3版p269等。

選択肢5:韓国では、精神保健福祉に関わる専門職として、精神健康専門要員が位置づけられている。

韓国では1995年に精神保健法が制定された。
1997年の法改正時には、改正前よりも地域精神保健事業の促進を意図して、保健所への精神保健専門要員の配置が規定が強調された。

韓国の精神保健福祉については、中央法規「理論と展開I」テキスト(第2版)、p50~。

正答

5(韓国では、精神保健福祉に関わる専門職として、精神健康専門要員が位置づけられている。)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

このブログを運営しているブジカエル、カエル好きですがカエルにはあまり詳しくありません。精神障害者の地域生活を支援する社会福祉士、国家資格キャリアコンサルタント。旅好き、学び好き、放送大学11年目のマルチポテンシャライト。科学的な幸福の研究に興味津々なポジティブ心理学実践インストラクター。健康管理好き、2013年に健康管理士、食生活アドバイザー3級&2級を取得。
プロフィール詳細はこちら

目次
閉じる