MENU

問題57|第25回 精神保健福祉士 国家試験 ④精神保健福祉の理論と相談援助の展開

勉強するウサギのイラスト

こんにちは、ブジカエルです。

2023年2月、社会福祉士の試験に合格したと思われるので、精神保健福祉士国家試験に向けての学びを始めました。

この記事では、過去問題をしゃぶり尽くします。

↓過去問題はここ↓
社会福祉振興・試験センター>精神保健福祉士国家試験>過去の試験問題

事例問題3

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
〔事例〕
人口7万人のQ市は、人口減少や世帯の小規模化が進み、地域のつながりの希薄化が課題となっている。X障害者基幹相談支援センターのE相談支援専門員(精神保健福祉士)(以下「E専門員」という。)はピアサポーターから、「地域の事業所は、精神障害への偏見の修正や生活のしづらさの改善のために、地域にどう関わり、支援に活かしているのか」と聞かれた。E専門員は地域内の取組を伝えながら、幾つかの課題が頭に浮かび、それを整理する必要があると考えた。そこでE専門員は、翌月開催されたQ市「協議会」の部会で、「各事業所及び事業所がある地区の強みと弱みなどを可視化して、現状や課題を探ってみませんか」と参加者に提案した。
その後、8事業所から参加協力を得て学習会を開催し、市内各地区のマトリックス表を作成した。実施後に参加者から、「地区別の各事業所の課題と役割が分かった」「市全域と各地区との関係が分かった」「現状を各地区の実践にどう活かすかが今後の課題だ」と報告があった。(問題55)
E専門員は報告を取りまとめ、「この結果を実践に活かすために、各事業所が個々の支援で工夫していることや課題と、今回地区ごとに可視化できたこととを結び付けてみてはどうでしょう。それらを精査して、地区やQ市の戦略的方策を考えていきませんか」と学習会において新たに提案した。(問題56)
その後、学習会で検討した結果、「取組はあるが、その実践スキルやノウハウが集約できていない」「取組成果が地域に発信されていない」「住民からフィードバックを受ける仕組みが整っていない」ことが整理された。そこで「協議会」ではそれらを戦略的方策として、地域住民や当事者、その家族と事業所の協働で、地域実践を蓄積する方法を開発し、外部評価の仕組み作りを進めていった。この活動が継続していくと、参加する住民や団体も増え、Q市各地区での信頼感や結束力の高まりがみられるようになった。(問題56)

(注)「協議会」は、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」に基づき、障害者等への支援体制の整備を図るため、保健医療関係者、福祉関係者等で構成される。

目次

問題57 次のうち、この活動を通して地域に形成されたものとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. ソーシャルベンチャー
  2. ソーシャルファーム
  3. コミュニティビジネス
  4. コミュニティチェスト
  5. ソーシャルキャピタル

設問について

地域を基盤にした支援に関連する用語、理念や概念についての理解が問われる問題。

各選択肢について

選択肢1:ソーシャルベンチャー

×

社会に貢献することを目的として社会起業家(ソーシャル・アントルプレナー)が立ち上げた組織のこと。

選択肢2:ソーシャルファーム

×

ソーシャルファームは、精神病院廃止に伴って地域で暮らし始めた精神障害のある人たちが、支援者と協働で創出した雇用の場がきっかけでできたもので、精神障害者などの障害者に限らず、刑務所出所者、貧困者など社会的弱者といわれている人たちと支援者との共同で展開されている。

ソーシャルファームについては、中央法規「生活支援システム」テキスト第3版p176、中央法規当該科目IIテキスト第2版p345、等。

選択肢3:コミュニティビジネス

×

ソーシャルビジネス。

高齢者や障がい者の介護・福祉、子育て支援、まちづくり、環境保護、地域活性化など、地域や社会が抱える課題の解決をミッション(使命)として、ビジネスの手法を用いて取り組むものです。社会的企業や社会企業家、コミュニティビジネスなどと呼ぶこともあります。

What’s ソーシャルビジネス|日本政策金融公庫

選択肢4:コミュニティチェスト

×

 一般には、コミュニティから慈善目的で集められる共同募金、寄付基金を意味する。また、基金を募集する運動や管理・運営する団体(トラスト、財団等)のことも指す。コミュニティ・チェストの活動は、1913年にアメリカのオハイオ州クリーブランド市で始まり、その名称は1918年にニューヨーク州ロチェスター市の募金で初めて用いられた。その後、全米各地にコミュニティ・チェストが設置され、日本でも昭和22(1947)年から共同募金運動が始まった。なおアメリカでは、1960〜70年代以降、地域募金団体の大半がその統合や全国組織の誕生等を機に、コミュニティ・チェストからユナイテッド・ウェイ(unitedway:合同募金)へと名称変更を行っている。なお、コミュニティ・チェストは、2001年にイギリスのブレア政権のもとで始められたコミュニティ参加プログラムのなかの基金名でもある。この基金では、88の条件不利自治体で近隣再生に取り組む小規模コミュニティ・グループに対し、小額の活動助成が行われた

非営利用語辞典

選択肢5:ソーシャルキャピタル

ソーシャルキャピタルは、社会関係資本とも。
政治学者のパットナムが1993年にその著書で示して注目されるようになった言葉。

円滑な人間関係や協調行動が社会の効率性を高める、人的ネットワーク等の社会組織が大切である、という考えに基づく。

正答

5(ソーシャルキャピタル)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

このブログを運営しているブジカエル、カエル好きですがカエルにはあまり詳しくありません。精神障害者の地域生活を支援する社会福祉士、国家資格キャリアコンサルタント。旅好き、学び好き、放送大学11年目のマルチポテンシャライト。科学的な幸福の研究に興味津々なポジティブ心理学実践インストラクター。健康管理好き、2013年に健康管理士、食生活アドバイザー3級&2級を取得。
プロフィール詳細はこちら

目次
閉じる