MENU

ブログでより良い書評記事を書くために読みたい本7冊まとめ

こんにちは、ブジカエル(@buji_kaeru)です。

私は本が大好きです。

本が好きの前にまず字が好きなので、新聞紙でも携帯端末でも薬の箱でも古文書でも、とにかくそこにある文字を目で追いたくなります。

書籍は文字情報の中で最も好きです。紙を1ページ1ページめくるのも、そこにある文字列を読んで理解して想像して思考をめぐらせる行為は快感なのです。

そんな本好きな私にとって、ブログで書評記事を書くというのは長い間一つの目標だったこともあって、先週、書評のテンプレートを作って記事にしました。

あわせて読みたい
書評テンプレート作成 (3):書評テンプレート完成版掲載! 書評テンプレートの完成版Ver.1を掲載しました。メンテナンスは必要に応じて行い、バージョンアップしたら別記事で掲載していきます。クオリティの高い書評記事を効率よく書くための書評テンプレートです。ぜひご利用ください!

でも今後、書評についての学びをもっと深めて、良い書評を書けるようになりたい。

読んだ本の書評を書くというのは、縁あって出会った本をこれ以上ないくらいに味わい尽くすことではないかと思っています。そのために、書評の書き方、本の読み方をもっと学びたいと思ったのでした。

というわけで、今後読みたい書評についての本をリストにしました。
よかったらぜひ、あなたも。

ニッポンの書評 (光文社新書) (新書) / 豊崎由美/著
目次

書評の関連記事

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

このブログを運営しているブジカエル、カエル好きですがカエルにはあまり詳しくありません。精神障害者地域移行支援施設の生活支援員。国家資格キャリアコンサルタント。旅好き、学び好き、放送大学9年目のマルチポテンシャライト。科学的な幸福の研究に興味津々なポジティブ心理学実践インストラクター。健康管理好き、2013年に健康管理士、食生活アドバイザー3級&2級を取得。
プロフィール詳細はこちら

目次
閉じる