レポート課題 社会福祉士養成課程

社会福祉士学習の記録|レポート(4) 第1回(4)『相談援助演習①』(b)ノーマライゼーションとは何か

レポート課題に取り組むカエルのイラスト

この記事は、社会福祉士養成課程(通信)の4番目のレポート(科目は「相談援助演習」)に関することをまとめたものです。

B評価を得たレポートの実例つきです。

以下の記事にまとめた手順に沿ってレポートを作成する準備を進めました。

勉強するウサギのイラスト
社会福祉士養成通信課程で提出するレポートとその作成方法について【土台=基礎編】

社会福祉士養成課程ではレポートをたくさん書いて及第点を得る必要があります。最初に土台をある程度しっかり固めて、レポートを効率良く大量生産するために、レポート作成の基本をまとめました。これから養成課程でレポートの課題を前に途方に暮れそうな方の参考になったら幸いです。

続きを見る

勉強するウサギのイラスト
社会福祉士養成通信課程で提出するレポートの作成方法について【イシューから始める編】

社会福祉士養成課程ではレポートをたくさん書いて及第点を得る必要があります。この記事では、より生産性を高めクオリティと効率を上げるためのポイントについてまとめました。

続きを見る

レポートは2択

レポートの課題は、以下の2つから選べました。

(a) ソーシャルワーカーに求められる仕事は何か。
自身の周辺を眺めて見えてくる生活問題をひとつ取り上げ、考察し発見した社会福祉士に求められる相談援助を論述しなさい。

(b) ノーマライゼーションとは何か。
北欧社会の政策や他の参考文献等で調べあなた自身が理解したことを論述しなさい。

最初は、(a)の方が書きやすそうだと思ったのですが、結局(b)にしました(なんだか毎回このパターンのような・・)。自分の周辺を眺めても勤務先の利用者さんに関する生活問題ばかりが見えてきて、社会福祉士に求められる仕事よりも、支援員が現場で求められる仕事について書いてしまいそうだったので。

レポート作成の手順

毎度恒例、「社会福祉士養成通信課程で提出するレポートとその作成方法について【土台=基礎編】」の「レポート作成の手順」に沿って作業を行っていきます。

テーマ分析

「ノーマライゼーションとは何か。北欧社会の政策や他の参考文献等で調べあなた自身が理解したことを論述しなさい。」というテーマは、どのような内容を期待して設定されたのかを考えます。

また、社会福祉士養成通信課程におけるレポートは、

  • 学習を進めているよ!ということを学校に知らせる
  • こんなふうに理解しているよ!ということを先生に知らせる

ということも目的としていると考えられるため(参考:社会福祉士養成通信課程で提出するレポートの意味)テキストの内容を踏まえつつ、少し発展させたレベル内容も盛り込めるとベターかと思います。

具体的には、以下の要件をクリアするレポートにしようと思います。

  • ニィリエが提唱したノーマライゼーションについて、基本的なことを理解していることを示す
  • 北欧におけるノーマライゼーション
  • 日本におけるノーマライゼーション
  • ノーマライゼーションに関して社会福祉士が果たせる役割、つとめるべき役割
  • テキストを踏まえる
  • テキスト以上のことも盛り込む
  • 自分なりの見方や意見を内容に含める

材料を集める

レポートを書くにあたって必要な材料を集めます。

学校指定のテキストの中や、テキストに出てきた資料から主に材料を探します。今回は、図書館で3冊借りました。

まずは、語句の意味・定義を明確にします。(次項にまとめておきます。)
例えば、

  • ノーマライゼーションとは

など。
これらを踏まえて、ノーマライゼーションについて理解を深めてレポートに書けるようにします。

材料を集める:語句の意味・定義を把握

ノーマライゼーションとは

ハンディキャップのある人等がその人格を尊重され、地域の人々と同じ権利を享受し、地域社会で皆と一緒に主体的な生活ができ、社会参加が保障されるのがノーマルな社会であるとする考え方。

出典:『現代社会と福祉』第5版 2019年 弘文堂

ノーマライゼーションの提唱者の1人ニィリエ(スウェーデン)は以下のように述べる。

「ノーマライゼーションの原理とは、生活環境や彼らの地域生活が可能な限り通常もの(原文ママ)と近いか、あるいは、全く同じになるように、生活様式や日常生活の状態を、全ての知的障害や他の障害をもっている人々に適した形で、正しく適応することを意味する。」

ノーマライゼーションは、1950年代初め以降、ニィリエの他に、バンク-ミケルセン(デンマーク)、ヴォルフェンスベルガー(アメリカ)などによって、障害者福祉の分野で提唱された。大規模な専門施設に閉じ込めるのではなく、これまでの生まれ育った環境のなかで、知的障害者が生活することが求められたのである。

ノーマライゼーションの普及に関して、国際的な動きも見逃せない。ノーマライゼーションは、1971年の国連による「知的障碍者の権利宣言」にも採用され、「国際障害者年」(1981年)、「国連障害者の十年」(1983~1992年)、「国連障害者権利条約」(2006年)などによって、世界に浸透した。

ノーマライゼーションは、マイノリティ(黒人、被差別少数民族など)の共生の原理として、障害分野を超えて大きな影響を与えている。さらに、ノーマライゼーションの考え方はバリアフリー化、ユニバーサル・デザインにも広がっている。

出典:『現代社会と福祉』第5版 2019年 弘文堂

高齢や障害があっても差別されず、地域において普通の生活を営むことが当たり前であるという社会をつくる基本理念をいう。1950年代にデンマークにおいて障害児をもつ親の会から草の根運動に広がり、バンク-ミケルセン(Bank-Mikkelsen, N. E.)を中心に展開された。その後スウェーデンのニィリエ(Nirje, B.)や北米のヴォルフェンスベルガー(Wolfensberger, W.)らによって広められた。わが国では1981年の国際障害者年を皮切りに、ノーマライゼーションが展開されている。

出典:『現代社会と福祉』第5版 2019年 弘文堂

[1]ノーマライゼーションの理念

ノーマライゼーション(normalization)は、1940年代、第2次世界大戦中に、スウェーデンで使われ始めた。その後、1950年代、デンマークにおいて、バンク-ミケルセンにより、1959年の障害者福祉法に結実した。同時期、スウェーデンにおいても、ニィリエが、影響を受けて、実践的にも理論的にも深め、1980年の社会サービス法として実現されていった。北欧に留学して、ニィリエに影響を受けたヴォルフェンスバーガーは、北米において、この理念を適応させ、プラグマティックに再定義していった。現在では、北欧の流れと北米の流れが混在しつつ、全世界に広がっている。このために、本来の思想の核心が薄まり、安易に使われる傾向がある。障害者福祉のみならず、他の領域においても強い影響を与えている。

(1) バンク-ミケルセンのノーマライゼーション思想

バンク‐ミケルセンは、第2次世界大戦後、社会省担当官となり、隔離的保護的で劣悪な環境の巨大施設に収容されている知的障害児者の処遇の実態に心を痛めた。1951年に発足した知的障害者の親の会の活動に共鳴し、そのスローガンが法律として実現するように尽力した。1959年法は、ノーマライゼーションという言葉が世界で初めて用いられた法律となった。

バンク-ミケルセンによるノーマライゼーションの定義は、「障害のある人たちに、障害のない人たちと同じ生活条件をつくりだすこと。障害がある人を障害のない人と同じノーマルにすることではなく、人々が普通に生活している条件が障害者に対しノーマルであるようにすること。自分が障害者になったときにして欲しいことをすること」なのである。社会運動家であり、実務家であったため、体系化された思想や厳密な定義は行っていない。

(2) ニィリエのノーマライゼーション思想

ニィリエは、スウェーデン知的障害児者連盟(FUB)の事務局長のとき、デンマークの1959年法前文にある「知的障害者ができるだけノーマルな生活を送れるようにする」という言葉に出会い、施設の状態を批判する文書で引用した。ノーマライゼーションを8つの原理に整理するとともに、「知的障害者にとってとりまく地域社会の態度や環境や活動などの条件全体が満足できる程度に正常化すること」と1970年に定義をした。

その後、定義を発展させつつ、1993年には「ノーマライゼーションの原理は、知的障害やその他の障害をもつ全ての人が、彼らがいる地域社会や文化の中でごく普通の生活環境や生活方法を得られるように、権利を行使すること」と定義をしている。

図1-2-2 ニィリエのノーマライゼーションの8つの原理

①1日のノーマルなリズム
②1週間のノーマルなリズム
③1年間のノーマルなリズム
④ライフサイクルにおけるノーマルな発達的経験
⑤ノーマルな個人の尊厳と自己決定権
⑥その文化におけるノーマルな性的関係
⑦その社会におけるノーマルな経済的水準とそれを得る権利
⑧その地域におけるノーマルな環境形態と水準

(3) ヴォルフェンスバーガーのノーマライゼーション思想

ヴォルフェンスバーガーは、ノーマライゼーションを「可能な限り文化的に通常である身体的な行動や特徴を維持したり、確立するために、可能な限り文化的に通常となっている手段を利用すること」と再定義した、そして、「少なくとも平均的な市民と同じ生活状態(収入、住居、保健サービスなど)を可能にするために、また、障害のある人の行動(技能や能力など)をできるだけゆたかにしたり、高めたり、また支持したりするために、文化的の通常となっている諸手段(なじみのもので価値のある技術、道具、方法)を利用すること」に注目をした。「社会的役割の実現」の重視である。具体策として、PASSという達成水準を測定する評価項目を提案した。その後、PASSINGに発展させている。髪型などを社会に適応をさせる項目がある。

ヴォルフェンスバーガーは、障害者は社会的逸脱者の1つであり、このようにラベリングされた人たちであると理解するラベリング理論の立場から理論展開していった。入所施設研究で著名な社会学者ゴッフマンの影響を強く受けている。1984年には、自らの理論をノーマライゼーションからソーシャルロールバロリゼーション(社会的役割の有価値化)に変更し、「可能な限り文化的に価値のある手段による、人々、ことに価値の危機に瀕している者たちのために、価値のある社会的な役割の可能性、確立、増進、維持ないし防衛」することと定義した。

(4) 国際的動向と日本への影響

ニィリエの尽力で、1971年に知的障碍者の権利宣言が国連で採択され、さらに1975年には、対象を知的障害者にも拡大した障害者の権利宣言が採択された。1981年には、ノーマライゼーションの実現のために「完全参加と平等」をテーマに国連で「国際障害者年」が定められるなど、国際的にも広がりをみせていった。国内的には、たとえば、1995(平成7)年の「障害者プラン」では、副題を「ノーマライゼーション7か年戦略」とするなど、また、2002(平成14)年の「新障害者プラン」では、「『リハビリテーション』と『ノーマライゼーション』の理念を継承するとともに、障害の有無にかかわらず、国民誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合う『共生社会』の実現を目指して」と書かれている。ノーマライゼーション理念は、地域生活と脱施設化の社会運動に多大な影響を与えた。近年は、社会的排除の反対語であるソーシャル・インクルージョンという理念に、発展している。

出典:『障害者に対する支援と障害者自立支援制度』第4版 2018年 弘文堂

厚労省の資料がなんだかひどい

平成24年の厚生労働省の資料「障害者雇用対策について」に、下記の記載がありました。

1.ノーマライゼーションの理念
•ノーマライゼーションとは、障害者が他の一般市民と同様に社会の一員として種々の分野の活動に参加することができるようにしていこうとする理念

「なんかちがくね?」と思いつつ、まぁいっか、と諦め読み進めたら次の記載がひどかった。

•ノーマライゼーションの理念に基づいた社会を実現するためには、何よりも障害者自身の職業的自立に向けた努力が重要

•障害者である労働者は、職業に従事する者としての自覚を持ち、進んで能力の開発・向上を図り、有為な職業人として自立するよう努めなければならない

2012年の資料だからこんなものなのか?
それとも、今もこのままの考え方で止まっているのか?

止まってそうな気がする。。

含めたいこと、参考にしたいこと等

語句の意味・定義の他に、レポートに含めたいことや、レポートを書く際に特に参考となりそうなことを記しておきます。

今日の多様化する社会福祉サービスにおいては、利用者の主体性の尊重や自己決定などが重要視されており、社会福祉援助活動にかかわる援助者は、人間尊重という視点を基盤に、個人や家族などの「人間らしく」あるいは「人間として」生きる権利を擁護し、そしてさらに、利用者の意思や願いを代弁する役割をもっているということを忘れてはならない。また、援助者は社会福祉の理念として定着してきたノーマライゼーションや利用者のQOL向上といった考え方を理解し、すべての人びとが、人間として尊重され、共生できる社会の実現に向けて、その専門性を発揮することが重要なのである。すなわり、利用者の人権を擁護することに他ならないということがいえよう。社会福祉援助活動にかかわる援助者は臨床的な態度で利用者と常に向き合わなければならないのである。

出典:『現代社会と福祉』第5版 2019年 弘文堂

地域福祉の今日の理念にも通じる欧米におけるノーマライゼーションの理念は、我が国においては1981年の国際障害者年の「完全参加と平等」というテーマとして示され、障害者が地域において一般住民と同様の生活条件を獲得するものとして理解され普及し、その後の障害者の自立生活運動(IL運動)やバリアフリーの考え方と結びつき、地域福祉に新しい視点や対策を生み出した。

出典:『地域福祉の理論と方法』第3版 2015年 中央法規出版

社会福祉事業法の基本理念は、「福祉サービスを必要とする者が、(中略)社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会を与えられる」とし、ノーマライゼーションの理念に立脚することや、福祉サービスの総合的実施、計画的実施などの理念が規定された。

出典:『地域福祉の理論と方法』第3版 2015年 中央法規出版

社会福祉法第4条で、地域福祉推進の目的は、「福祉サービスを必要とする地域住民が地域社会を構成する一員として日常生活を営む」ことおよび「社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会が与えられるように」することと規定された。この意味は、排除されることのない、参加とノーマライゼーションに基づく社会福祉を目指すということ、および福祉サービスを必要とする者が、身近な地域でその人たしい自立した生活を送ることを実現することと解釈することができる。

出典:『地域福祉の理論と方法』第3版 2015年 中央法規出版

レポート実例(B評価)

ブジカエル
私が提出したレポートの評価がBでした。
ご参考になれば幸いです。
完全コピペはダメですよ。
しろうさぎ
学校からもらった模範解答を転載するのは著作権的に問題ありすぎなのでやめておくべし。

評価は具体的には、

点数 78点
総合評価 B

課題の理解度:B
論旨と構成:B
自己の見解:A

先生のコメントによると、実際の生活環境・生活状況はどうであるか、具体的にどのような社会変革だと捉えたのかが私のレポートからは見えてこない、その点で減点されたそうです。
あと2点でAでした。惜しい!

 ノーマライゼーションは日本において福祉を支える主要な理念の1つとなっている。本稿では、ノーマライゼーションに関する書籍を読み、理解したことを述べることとする。

1. 定義
ノーマライゼーションについては複数の理論家や研究者が定義しており、唯一の定義はないが、バンク-ミケルセンが1976年にその論文で示したものが普遍的な定義として支持されている。曰く、ノーマライゼーション原理とは人権そのものであり、社会的支援を必要としている人々をいわゆるノーマルな人にすることを目的としているのではなく、その障害を共に受容することであり、彼らにノーマルな生活条件を提供することであると。
この定義は、障害のある人もその人格・人権を尊重され、地域社会で主体的な生活ができ、地域の人々と同じ権利を享受し、社会参加が保障されるのがノーマルな社会であるとする考え方につながっており、障害者の脱施設化・地域移行を支える基本理念となっている。

2. 歴史
(1) 誕生
1930年代後半、スウェーデンでは障害者団体が状況改善を求めて運動を展開し始め、1940年代には障害者の社会的不平等の問題が国会でも取り上げられるようになった。障害者雇用検討委員会の報告書(1946年)には「ノーマライゼーション原理」という言葉が使われ、社会的不平等をなくして障害のある人々の生活や雇用の状況を「ノーマライゼーション化」することが必要であると記された。

(2) デンマークにおける発展
第二次世界大戦中ナチスの収容所で非人間的な生活を強いられたバンク-ミケルセンは戦後、巨大施設で劣悪な環境に置かれている知的障害児者にかつての自分に重ね、心を痛め憤慨した。知的障害者の親の会の意見が行政に取り入れられるよう尽力し、1959年に制定された障害者福祉法は「ノーマライゼーション」という言葉が世界で初めて用いられた法律となった。

(3) 世界への広がり
デンマークの動きに影響を受けたニィリエは、ノーマライゼーションを実践的にも理論的にも深めていった。北欧に留学しニィリエに影響を受けたヴォルフェンスベルガーはノーマライゼーションを再定義し、理論を深め、北米で広めていった。
ニィリエの尽力で、1970年代には障害者の権利宣言が国連で採択され、1981年には国連で「国際障害者年」が定められノーマライゼーションの実現がはかられるなど、ノーマライゼーションを巡る動きは国際的に発展。現在では北欧の流れと北米の流れが混在しつつ全世界に広がっている。

3. 日本において
日本でもノーマライゼーションの理念は取り入れられ、障害者の脱施設化と地域生活の動きに多大な影響を与えている。厚生労働省「障害者雇用対策について」(2012年)で「ノーマライゼーションの理念に基づいた社会を実現するためには、何よりも障害者自身の職業的自立に向けた努力が重要」と述べられるなど、北欧で生まれ発展してきた理念や定義とは異なる方向を向いている部分もあると思われるが、ソーシャルワーカーとしては北欧に芽吹いた原理を忘れずにいたいものである。

でした。

-レポート課題, 社会福祉士養成課程

© 2021 ブジカエルブログ Powered by AFFINGER5