社会福祉士学習の記録|レポート(24) 第6回(1)『社会理論と社会システム』

この記事は、社会福祉士養成課程(通信)の24番目のレポート(科目は「社会理論と社会システム」)に関することをまとめたものです。

以下の記事にまとめた手順に沿ってレポートを作成する準備を進めました。

あわせて読みたい
社会福祉士養成通信課程で提出するレポートとその作成方法について【土台=基礎編】 社会福祉士養成課程ではレポートをたくさん書いて及第点を得る必要があります。最初に土台をある程度しっかり固めて、レポートを効率良く大量生産するために、レポート作成の基本をまとめました。これから養成課程でレポートの課題を前に途方に暮れそうな方の参考になったら幸いです。
あわせて読みたい
社会福祉士養成通信課程で提出するレポートの作成方法について【イシューから始める編】 社会福祉士養成課程ではレポートをたくさん書いて及第点を得る必要があります。この記事では、より生産性を高めクオリティと効率を上げるためのポイントについてまとめました。
目次

レポートは2択

レポートの課題は、以下の2つから選べました。

(a)M.ウェーバーの「社会行為の四類型」について述べなさい。

(b)R.K.マートンの「機能類型」について述べなさい。

国家試験対策としてはどちらも重要なので迷ったのですが、ウェーバーの「社会行為の四類型」がより面白そうだったので、(a)にしました。

レポート作成の手順

毎度恒例、「社会福祉士養成通信課程で提出するレポートとその作成方法について【土台=基礎編】」の「レポート作成の手順」に沿って作業を行っていきます。

テーマ分析

「M.ウェーバーの「社会行為の四類型」について述べ」るというテーマが、どのような内容を期待して設定されたのかを考えます。

また、社会福祉士養成通信課程におけるレポートは、

  • 学習を進めているよ!ということを学校に知らせる
  • こんなふうに理解しているよ!ということを先生に知らせる

ということも目的としていると考えられるため(参考:社会福祉士養成通信課程で提出するレポートの意味)テキストの内容を踏まえつつ、少し発展させたレベル内容も盛り込めるとベターかと思います。

今回のレポートは、

  • M.ウェーバーの「社会行為の四類型」についての概略
  • M.ウェーバーの「社会行為の四類型」に関する考察

以上2点が端的にしっかり書けていれば(=本質的なところが押さえてあれば)、及第点はもらえるでしょう。

なお、M.ウェーバーの「社会行為の四類型」や社会理論が、現代における社会福祉士の業務にどのように関わっているかについての考察や、ソーシャルワーカーとしての社会学に関する学びの必要性に関する気づきなどが含まれていると、ポイントが上がると思われます。(もちろん推測です。)

材料を集める

レポートを書くにあたって必要な材料を集めます。

学校指定のテキストの中や、テキストに出てきた資料から主に材料を探します。

材料を集める

M. ウェーバー

M.ウェーバー(Weber, Max 1864-1920)について、学校指定のテキストから2か所引用。

ドイツを代表する社会学者。
社会的行為を社会学的分析の基礎単位とし、行為の動機の意味を理解することが、社会学的研究の根本であるとした。

社会の構成単位が人間の行為にあるとして、国家や協同組合などの概念も、個々人の行為に還元して捉えなければならないとした。なぜなら、社会は人間の行為が具象化したものだと考えたからである。ここでいう行為は、個人の行為ではなく、「社会的行為」である。

社会学 第二世代の巨匠3人の一人として

学校指定のテキスト4~5ページからまとめ。

19世紀後半、資本主義体制の確立期に入った西ヨーロッパでは工業化が急速に進み生産力が上昇したが、反面様々な問題が現れた。社会学の分野ではコントやスペンサーに続いて、ウェーバー、デュルケム、ジンメルの3人の巨匠が登場した。

ウェーバーは、近代社会の歴史の根底にある理念を「合理性」に見た。経営組織、政治組織、都市、法、宗教も次第に合理化されていく姿を近代化の一般的趨勢として捉えた。

M. ウェーバーの「社会的行為」とは

学校指定のテキストによると、ウェーバーは

1人ないし2人以上の行為者の考えている意味が他の人びとの行動と関係をもち、その過程とこれに左右されるような行為、そして他の人びとの過去や現在の行動あるいは未来に予測される行動へ向けられる行為

と社会的行為と定義した。

簡単に言うと、「他の個人、もしくは集団になんらかの影響を及ぼすような意識的、もしくは無意識的な行為のこと」(精選版 日本国語大辞典)。

『社会的行為の定義は行為者を固定して説明しているが、行為者の意味が相手に志向しているので、相手の立場からみると同じことがいえる。すなわち社会医的行為は相互行為ないしは社会的相互作用とみなすことができる。相互行為は言語とその発生的な形態(身振り)すなわちシンボルを通して理解し合うので、過程的かつ動態的行動である。』

ウェーバーは『社会学の根本概念』で次のように述べている。

「社会学」という言葉は、非常に多くの意味で用いられているが、本書においては、社会的行為を解釈によって理解するという方法で社会的行為の過程および結果を因果的に説明しようとする科学を指す。そして、「行為」とは、単数あるいは複数の行為者が主観的な意味を含ませている限りの人間行動を指し、活動が外的であろうと、内的であろうと、放置であろうと、我慢であろうと、それは問うところではない。しかし、「社会的」行為という場合は、単数或いは複数の行為者の考えている意味が他の人々の行動と関係を持ち、その過程がこれに左右されるような行為を指す。

なお、この影響を受けて、T.パーソンズや F.W.ズナニエキは現代社会学のなかに社会的行為を基本概念として導入した。

M. ウェーバーの社会行為の四類型

行為は、観察者からみて動機を解明し、理解できる側面がある。動機の理解とは、行為者の考えている意味連関を観察者が解釈することである。ウェーバーによれば、観察者にとって、複雑で多様な行為の解明にあたってまず設定できる動機とその経過は、効率的な手段で目的を達成する合理的動機である。合理的動機に基づいて、行為が目的達成にとって適合的な手段に志向してなされるとき、目的合理的行為という。次に結果を度外視した行為自体が、倫理的、美的、宗教的などの価値に意識的に志向してなされるとき、その行為を価値合理的行為という。この行為は、固有の価値と行為者の自足性をもつので合理性が認められる。感動や感情に動かされ、現実の気持ちを充足させる行為を感情的行為という。この行為は、身についた習慣によって規定される伝統的行為とともに合理性に欠けるので、理解社会学では軽視されがちな行為であった。しかし最近の社会学の分野において重要度を増している。これらの行為は理念型として分類されており、ウェーバーの社会行為の四類型という。

(つづく)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

このブログを運営しているブジカエル、カエル好きですがカエルにはあまり詳しくありません。精神障害者地域移行支援施設の生活支援員。国家資格キャリアコンサルタント。旅好き、学び好き、放送大学9年目のマルチポテンシャライト。科学的な幸福の研究に興味津々なポジティブ心理学実践インストラクター。健康管理好き、2013年に健康管理士、食生活アドバイザー3級&2級を取得。
プロフィール詳細はこちら

目次
閉じる