社会福祉士養成課程

社会福祉士養成通信課程|3か月目の勉強の記録

本を読むウサギのイラスト

こんにちは、ブジカエルです。

2019年より就労移行支援事業所で支援員として勤務し、福祉の仕事の素晴らしさにすっかり感化されました。福祉についてもっと理解したいし、支援の幅を広げたく、社会福祉士の資格を取得することにしました。

その学習の記録です。

この記事は社会福祉士養成通信課程3か月目の記録です。

2021年6月3日 レポートがA評価だよ!

5月31日(月)に提出したレポートのうち、1つ目の採点が終わったと連絡があったので見てみたら、A評価でした!

点数 85点、総合評価 A。
頑張ったものの自信はなかったので嬉しいです。

項目別評価は以下の通り。

  • 課題の理解度 A
  • 論旨と構成 A
  • 自己の見解 A

今後のレポート作成の際の参考になります。

今回A評価だったレポートは、レポートの締め切りが過ぎたら下記記事に追加掲載します。

社会福祉士学習の記録|レポート(1) 第1回(1)『現代社会と福祉①』(b)ナショナル・ミニマムと社会保障について

【この記事は書きかけです】 こんにちは、ブジカエルです。 2019年より就労移行支援事業所で支援員として勤務し、福祉の仕事の素晴らしさにすっかり感化されました。福祉についてもっと理解したいし、支援の幅 ...

続きを見る

2021年6月11日 5つ目のレポートを書いた

第2回の提出レポートの1発目、通算5つ目のレポートを一応書きました。

先日、第1回のレポート提出がようやく終わったばかりなのに、すぐに次に取り組まなければならないのですね。

5つ目のレポートの科目は「相談援助の理論と方法②」、課題は「(a) 専門的な援助関係とはどのような関係なのか『コミュニケーション』を取り上げて具体的に論述しなさい。」を選びました。

しばらく温めて、後日大なり小なりブラッシュアップすることになると思いますが、肩の荷は一つ減った感じです。

社会福祉士学習の記録|レポート(5) 第2回(1)『相談援助の理論と方法②』(a)専門的な援助関係とは

社会福祉士養成課程ではレポートをたくさん(32本も!)書いて及第点を得る必要があります。この記事には、社会福祉士養成課程(通信)の5番目のレポートに関することをまとめました。社会福祉士の養成課程で学ぶ方の参考になったら幸いです。

続きを見る

2021年6月18日 6つ目の科目、教科書が全然読み進められない・・

第2回の提出レポートの2発目、通算6つ目のレポートの科目は「地域福祉の理論と方法①」、課題は「(b)わが国における地域福祉理論の発展とその年代の代表的な研究者である『岡村重夫』『右田紀久恵』『永田幹夫』『大橋謙策』の理論の概要を述べなさい」にするつもりです。

このテーマだと教科書を読まなくても書けそうな気がしてくるからか、教科書がやけに分厚く感じるからか、あまり面白いと思えないからか、教科書がなかなか読み進められません。

もうすぐスクーリングもあるのにと思いつつも、内心「でも今回はオンライン学習だし」と思ってしまったり。

勤務先でまた新たに色々と入ってきてしまって、業務時間内では収まらずついそちらに時間を使ってしまったり。

なんだかん6番目のレポートに手を付けられないでいるのでした。

リカレント教育だとか学び直しだとか、キャリコン合格後も目を配ってはいますが、社会人の学びを阻害する最大のものは、長すぎる労働時間ではないかと改めて思います。
まぁ私の場合は、ですが・・

働きながら社福の勉強している方、お互い頑張りましょう。

(つづく)

-社会福祉士養成課程

© 2021 ブジカエルブログ Powered by AFFINGER5