社会福祉士国家試験対策

第31回 社会福祉士国家試験 問118(相談援助の理論と方法)

試験合格を祈るカエルの画像

2019年2月に行われた、第31回社会福祉士国家試験の問118について。

社会福祉士国家試験対策、過去問題の一問一答。

一発合格を目指します。

出典等、外部サイトへのリンクはページURL変更などの理由で切れる場合があります。

問題文

問題118

日系人のMさん(45 歳,男性)は,13 年前に来日し,35 歳の時に日本人女性と結婚した。現在は県営団地に住んでいる。来日理由の一つである祖国に住む父母への定期的な送金も実現したが,働いていたW社が3 か月前に倒産してしまい,現在はアルバイトをしつつ,公共職業安定所(ハローワーク)を通じて求職活動を行っている。また,家賃の安い住宅への転居を検討しているものの,まだ見付かっていない。アルバイトの収入と貯金の取崩しで生活しているMさんは,今後の収入に不安を感じたため,外国人を支援する団体のLソーシャルワーカー(社会福祉士)に相談した。

次のうち,この段階においてLソーシャルワーカーがMさんに対して行うこととして,適切なものを2 つ選びなさい。

  1. 帰国するよう助言する。
  2. 祖国への送金をやめるように助言する。
  3. 生活保護の申請を勧める。
  4. 日本で支えてくれる知人・友人の状況を尋ねる。
  5. 家賃減免の仕組みの有無と適用条件を県営団地の管理者に確認したか聞く。

正解

4、5

この問題の解き方

ポイント

選択肢1:×

選択肢2:×

選択肢3:×

選択肢4:○

選択肢5:○

第31回社会福祉士国家試験問題

現代社会と福祉 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31

地域福祉の理論と方法 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41

相談援助の基盤と専門職 問91 問92 問93 問94 問95 問96 問97

相談援助の理論と方法 問98 問99 問100 問101 問102 問103 問104 問105 問106 問107 問108 問109 問110 問111 問112 問113 問114 問115 問116 問117 問118 

学習メモ

 

-社会福祉士国家試験対策
-,

© 2021 ブジカエルブログ Powered by AFFINGER5