社会福祉士国家試験対策

第31回 社会福祉士国家試験 問27(現代社会と福祉)

試験合格を祈るカエルの画像

2019年2月に行われた、第31回社会福祉士国家試験の問27について。

社会福祉士国家試験対策、過去問題の一問一答。

一発合格を目指します。

出典等、外部サイトへのリンクはページURL変更などの理由で切れる場合があります。

問題文

問題27

国際連合の協力組織が公表している「世界幸福度報告書(World Happiness Report)」の2017 年版の内容に関する次の記述のうち,正しいものを1 つ選びなさい。

  1. 幸福度の指標として,生活満足感のような主観的意識が考慮されている。
  2. 一人当たりGDPは,幸福度の指標としては考慮されていない。
  3. 社会とのつながりなど社会関係の豊かさは,幸福度の指標としては考慮されていない。
  4. 日本の2014-2016 年における幸福度ランキングは,公表された155 か国中上位4 分の1 に入っている。
  5. 日本の2014-2016 年における幸福度は,2005-2007 年と比べ変化していない。

(注) 国際連合の協力組織とは,国連とアメリカのコロンビア大学が設立した「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク」(Sustainable Development Solutions Network)のことをいう。

正解

1

この問題の解き方

選択肢1:○ 幸福度の指標として、国民の主観的ウェルビーイングは重要なものの1つ。

選択肢2:× GDPも幸福度の指標の1つです。

選択肢3:× 社会とのつながりなど社会関係の豊かさは幸福度の指標として重視されています。

選択肢4:× 日本の2014-2016 年における幸福度ランキングは、2017年版で51位。2019年版で58位と、先進国中で最下位を驀進中。

選択肢5:× 日本の2014-2016 年における幸福度は、2005-2007 年と比べると、0.447ポイント低下しました。

第31回社会福祉士国家試験問題

現代社会と福祉 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31

地域福祉の理論と方法 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41

相談援助の基盤と専門職 問91 問92 問93 問94 問95 問96 問97

学習メモ

参考:幸福度向上に取り組んでいる国際&グローバルな組織

幸福度のことが国家資格の試験に出るようになったとは、隔世の感を禁じ得ません。

私が幸福度の勉強を始めた頃、日本ではまだまだマイナーな学問分野だったような。

それにしても日本の幸福度って、どうして低めのところをずっとうろうろしているんでしょうね。

収入とか財産とか、勤務先の知名度とか、世間体とか、そういうものを重視する人が多いからのような気がしています。

意義のある人生とか幸せって、そういうことじゃないんだけどね。

-社会福祉士国家試験対策
-,

© 2021 ブジカエルブログ Powered by AFFINGER5