社会福祉士国家試験対策

第31回 社会福祉士国家試験 問91(相談援助の基盤と専門職)

試験合格を祈るカエルの画像

2019年2月に行われた、第31回社会福祉士国家試験の問91について。

社会福祉士国家試験対策、過去問題の一問一答。

一発合格を目指します。

出典等、外部サイトへのリンクはページURL変更などの理由で切れる場合があります。

問題文

問題91

社会福祉士及び介護福祉士法に規定されている社会福祉士に関する次の記述のうち,正しいものを1 つ選びなさい。

  1. 相談援助に関する知識と技能の向上に努めなければならない。
  2. 診療の補助として喀痰吸引業務を行うことができる。
  3. 心理に関する支援を要する者の心理状態を観察し,その結果を分析することを業とする。
  4. 資格更新のため所定の講習を受講しなければならない。
  5. 相談援助の業務を独占的に行う。

正解

1

この問題の解き方

ポイント

社会福祉士および介護福祉士法に規定されている、社会福祉士に関する事項について把握しておくこと。

選択肢1:○ 社会福祉士は、相談援助に関する知識と技能の向上に努めなければならない。当該法第47条の2に規定されている。

選択肢2:× 喀痰吸引は介護福祉士の業務として当該法に規定されている(2016年から)。

選択肢3:× 心理に関する支援を要する者の心理状態を観察し、その結果を分析することを業とするのは、公認心理師。

選択肢4:× 当該法に社会福祉士の資格更新の研修は規定されていない。社会福祉士の能力開発とキャリアアップを支援する仕組みとして「認定社会福祉士制度」が2012年に創設された。社会福祉士の任意上位資格で、5年間の資格更新制。

選択肢5:× 社会福祉士の相談業務は業務独占ではない。社会福祉士は名称独占資格。

第31回社会福祉士国家試験問題

現代社会と福祉 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31

地域福祉の理論と方法 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41

相談援助の基盤と専門職 問91 問92 問93 問94 問95 問96 問97

相談援助の理論と方法 問98 問99 問100 問101 問102 問103 問104 問105 問106 問107 問108 問109 問110 問111 問112 問113 問114 問115 問116 問117 問118 

学習メモ

e-gov 社会福祉士及び介護福祉士法

全国社会福祉協議会 福祉の資格 > 社会福祉士

ブジカエル
国家資格は細かい規定が色々ある

-社会福祉士国家試験対策
-,

© 2021 ブジカエルブログ Powered by AFFINGER5