社会福祉士国家試験対策

第31回 社会福祉士国家試験 問36(地域福祉の理論と方法)

試験合格を祈るカエルの画像

2019年2月に行われた、第31回社会福祉士国家試験の問36について。

社会福祉士国家試験対策、過去問題の一問一答。

一発合格を目指します。

出典等、外部サイトへのリンクはページURL変更などの理由で切れる場合があります。

問題文

問題36

地域福祉の対象に関する次の記述のうち,正しいものを1 つ選びなさい。

  1. 災害対策基本法における避難行動要支援者とは,本人が同意し,提供した情報に基づいて避難行動要支援者名簿に登載された者をいう。
  2. 「ホームレス自立支援法」におけるホームレスとは,都市公園,河川,道路,駅舎その他の施設を故なく起居の場所とし,日常生活を営んでいる者をいう。
  3. 生活困窮者自立支援法における生活困窮者とは,最低限度の生活を維持できていない者をいう。
  4. ひきこもり対策推進事業におけるひきこもりとは,様々な要因の結果として社会的参加を回避し,原則的には1 年以上家庭にとどまり続けていることをいう。
  5. 「障害者虐待防止法」における,養護者による障害者虐待とは,身体的虐待,心理
    的虐待,放棄・放置,経済的虐待の四つのことをいう。

(注)
1  「ホームレス自立支援法」とは,「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」のことである。
2  「障害者虐待防止法」とは,「障害者虐待の防止,障害者の養護者に対する支援等に関する法律」のことである。

正解

2

この問題の解き方

ポイント

地域福祉の対象に関する横断的な問題。関係する法律の目的や、用語の定義について整理しておくこと。

選択肢1:× 「避難行動要支援者」の名簿は、本人の同意と提供情報による必要はない。市町村が保有する情報を、名簿の作成に必要な限度で利用可能。

選択肢2:○ 選択肢の内容がホームレス自立支援法第2条に定義されている。

選択肢3:× 生活困窮者自立支援法における生活困窮者とは、最低限度の生活を「維持できていない者」ではなく、「維持することができなくなるおそれのある者」(同法第3条第1項)。

選択肢4:× 「ひきこもり」とは、「原則的には1 年以上家庭にとどまり続けている」ではなく、「原則的には6か月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態」。

選択肢5:× 養護者による障害者虐待には、選択肢にある4つの項目の他に、性的虐待もある。

第31回社会福祉士国家試験問題

現代社会と福祉 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31

地域福祉の理論と方法 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41

相談援助の基盤と専門職 問91 問92 問93 問94 問95 問96 問97

相談援助の理論と方法 問98 問99 問100 問101 問102 問103 問104 問105 問106 問107 問108 問109 問110 問111 問112 問113 問114 問115 問116 問117 問118 

学習メモ

災害対策基本法

厚生労働省:ホームレス自立支援施策ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法

厚生労働省:生活困窮者自立支援制度生活困窮者自立支援法

厚生労働省:ひきこもり支援推進事業厚生労働省:ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン(PDF)

厚生労働省:障害者虐待防止法が施行されました障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律

-社会福祉士国家試験対策
-,

© 2021 ブジカエルブログ Powered by AFFINGER5