MENU

第25回 精神保健福祉士 国家試験対策 過去問題しゃぶり尽くし

勉強するウサギのイラスト

こんにちは、ブジカエルです。

2023年2月、社会福祉士の試験に合格したと思われるので、精神保健福祉士国家試験に向けての学びを始めました。

この記事では、過去問題をしゃぶり尽くします。

↓過去問題はここ↓
社会福祉振興・試験センター>精神保健福祉士国家試験>過去の試験問題

目次

(1) 精神疾患とその治療

問題1 次のうち、1995年(平成7年)の「精神保健福祉法」への改正の内容として、正しいものを1つ選びなさい。

問題2 次のうち、神経性大食症の患者に認められる、過食に対する不適切な代償行為として、正しいものを1つ選びなさい。

問題3 次のうち、統合失調症の陰性症状として、正しいものを1つ選びなさい。

問題4 次のうち、患者にみられる症状として、正しいものを1つ選びなさい。

問題5 次のうち、ほかの精神疾患よりも、アルツハイマー型認知症を疑う症状として、正しいものを1つ選びなさい。

問題6 次のうち、強迫性障害に最もよくみられる症状として、正しいものを1つ選びなさい。

問題7 次のうち、認知症のスクリーニングに有用な心理検査として、適切なものを2つ選びなさい。

問題8 次のうち、認知行動療法に関連の深い人物として、正しいものを1つ選びなさい。

問題9 統合失調症の維持期における治療に関する次の記述のうち、適切なものを2つ選びなさい。

問題10 次のうち、この場合の入院形態として、正しいものを1つ選びなさい。

(2) 精神保健の課題と支援

問題11 次のうち、青年期の発達課題は、同一性(アイデンティティ)の確立に特徴づけられると規定した人物として、正しいものを1つ選びなさい。

問題12 次のうち、この取組の考え方として、適切なものを1つ選びなさい。

問題13 グリーフケアに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

問題14 次のうち、不登校児童生徒の社会的自立に資する相談・指導を行う目的で教育委員会等が設置するものとして、正しいものを1つ選びなさい。

問題15 次の記述のうち、労働と精神保健に関連する法律の説明として、正しいものを1つ選びなさい。

問題16 次のうち、このチームの名称として、正しいものを1つ選びなさい。

問題17 次のうち、第2期アルコール健康障害対策推進基本計画において、わが国で増加傾向にあることが示されているものとして、正しいものを1つ選びなさい。

問題18 次のうち、グループホーム等の新設に際して地域住民から反対運動が起こることを意味する用語として、正しいものを1つ選びなさい。

問題19 日本いのちの電話連盟に関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。

問題20 次の記述のうち、「WHOの手引き」で推奨されている、自殺が生じた際の責任ある報道の在り方として、正しいものを1つ選びなさい。

(3) 精神保健福祉相談援助の基盤]

問題21 次のうち、2010年(平成22年)の精神保健福祉士法改正で精神保健福祉士の義務等に、新たに設けられたものとして、正しいものを2つ選びなさい。

問題22 次の記述のうち、社会福祉士及び介護福祉士法制定の背景として、適切なものを1つ選びなさい。

問題23 次の記述のうち、ソーシャルワーカーのコーディネーターとしての役割を説明するものとして、適切なものを1つ選びなさい。

問題24 「ソーシャルワーク専門職のグローバル定義」(2014年)におけるソーシャルワークに関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。

問題25 相談援助の理念に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

問題26 相談援助過程におけるインテークに関する次の記述のうち、適切なものを2つ選びなさい。

問題27 次の記述のうち、精神科医療機関に勤務する専門職が患者に対して行う業務として、正しいものを1つ選びなさい。

問題28 次の記述のうち、精神保健福祉士が行う権利擁護における発見機能として、適切なものを1つ選びなさい。

問題29 次のうち、連携する機関として、適切なものを2つ選びなさい。

問題30 (事例問題1)次のうち、この時点でFさんの揺らぎに焦点を当てたGワーカーの声かけの根拠となるソーシャルワークの価値として、最も適切なものを1つ選びなさい。

問題31 (事例問題1)次の記述のうち、この段階でのチームビルディングの特徴として、最も適切なものを1つ選びなさい。

問題32 (事例問題1)次のうち、事例を通してGワーカーが行ったFさんへの支援の焦点として、適切なものを1つ選びなさい。

問題33 次の記述のうち、この時のK精神保健福祉士の対応として、適切なものを2つ選びなさい。

問題34 次のうち、Jさんたちが始めようとしている会の活動として、適切なものを1つ選びなさい。

問題35 次のうち、K精神保健福祉士の発言の背景にある考え方として、適切なものを1つ選びなさい。

(4) 精神保健福祉の理論と相談援助の展開

問題36 次の記述のうち、第二次世界大戦後のアメリカの精神保健福祉に関する説明として、正しいものを1つ選びなさい。

問題37 次の記述のうち、エンパワメントに関する説明として、正しいものを1つ選びなさい。

問題38 次のうち、Mさんの主体的な取組を表す用語として、適切なものを1つ選びなさい。

問題39 次の記述のうち、精神保健福祉士が退院支援をしているクライエントから、「俳優になりたい」と聞いたとき、プランニング段階での関わりとして、適切なものを1つ選びなさい。

問題40 解決志向アプローチに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

問題41 地域アセスメントに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

問題42 次のうち、相談援助過程におけるモニタリングとして、正しいものを1つ選びなさい。

問題43 次の記述のうち、B精神保健福祉士の促しによって、グループに生まれた効果として、適切なものを2つ選びなさい。

問題44 次のうち、F精神保健福祉士の用いた技法として、適切なものを1つ選びなさい。

問題45 次の記述のうち、この場面で実習指導者JさんがGさんに行う実習スーパービジョンにおける発言として、最も適切なものを1つ選びなさい。

問題46 次のうち、この時のL精神保健福祉士がKさんに提案した内容として、適切なものを2つ選びなさい。

問題47 次のうち、行政の精神保健福祉士が企画する精神障害者の生活上の困りごとを理解するための民生委員研修として、最も適切なものを1つ選びなさい。

問題48 精神障害者のケアマネジメントに関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

問題49 (事例問題1)次の記述のうち、この時のA精神保健福祉士の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

問題50 (事例問題1)次の記述のうち、この時のBワーカーの支援として、適切なものを2つ選びなさい。

問題51 (事例問題1)次の記述のうち、この後のBワーカーの支援として、適切なものを1つ選びなさい。

問題52 (事例問題2)次の記述のうち、この面談時のD精神保健福祉士のCさんへの発言として、適切なものを1つ選びなさい。

問題53 (事例問題2)次の記述のうち、Cさんと確認した対処方法として、適切なものを1つ選びなさい。

問題54 (事例問題2)次の記述のうち、のCさんの訴えに対するD精神保健福祉士の対応として、適切なものを1つ選びなさい。

問題55 (事例問題3)次のうち、マトリックス表の作成時に用いられた方法として、正しいものを1つ選びなさい。

問題56 (事例問題3)次のうち、この時点でE専門員が活用を意図したコミュニティソーシャルワークの機能として、適切なものを1つ選びなさい。

問題57 (事例問題3)次のうち、この活動を通して地域に形成されたものとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

問題58 (事例問題4)次のうち、この時にF精神保健福祉士が行った面接として、正しいものを1つ選びなさい。

問題59 (事例問題4)次のうち、この時にF精神保健福祉士が妻に提案した社会資源として、正しいものを2つ選びなさい。

問題60 (事例問題4)次のうち、この時にF精神保健福祉士が提案した内容として、最も適切なものを1つ選びなさい。

(5) 精神保健福祉に関する制度とサービス

問題61 次のうち、「精神保健福祉法」に規定される者として、正しいものを2つ選びなさい。

問題62 障害者基本法に関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。

問題63 介護保険制度に関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。

問題64 生活保護制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

問題65 更生緊急保護に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

問題66 「医療観察法」における鑑定入院に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

問題67 精神保健参与員に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

問題68 次の記述のうち、社会調査におけるオプトアウトの説明として、正しいものを1つ選びなさい。

問題69 次のうち、この作業を示す用語として、正しいものを1つ選びなさい。

問題70 (事例問題)次のうち、Jさんの入院の同意者として、正しいものを1つ選びなさい。

問題71 (事例問題)次のうち、この時点でJさんが利用した制度として、最も適切なものを1つ選びなさい。

問題72 (事例問題)Zセンターに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

(6) 精神障害者の生活支援システム

問題73 「障害者差別解消法」に関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。

問題74 次の記述のうち、住宅入居等支援事業(居住サポート事業)の説明として、正しいものを1つ選びなさい。

問題75 次のうち、「障害者総合支援法」に規定される自立生活援助として、正しいものを1つ選びなさい。

問題76 次の記述のうち、障害者トライアル雇用助成金における障害者短時間トライアルコースの説明として、正しいものを1つ選びなさい。

問題77 次のうち、保健所における精神保健福祉業務として、正しいものを1つ選びなさい。

問題78 (事例問題)次のうち、この障害福祉サービスとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

問題79 (事例問題)次のうち、Mさんがこのサービスを利用するために必要なこととして、正しいものを2つ選びなさい。

問題80 (事例問題)次のうち、この新たな障害福祉サービスとして、適切なものを1つ選びなさい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

このブログを運営しているブジカエル、カエル好きですがカエルにはあまり詳しくありません。精神障害者の地域生活を支援する社会福祉士、国家資格キャリアコンサルタント。旅好き、学び好き、放送大学11年目のマルチポテンシャライト。科学的な幸福の研究に興味津々なポジティブ心理学実践インストラクター。健康管理好き、2013年に健康管理士、食生活アドバイザー3級&2級を取得。
プロフィール詳細はこちら

目次
閉じる